上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
9月29日

10日ぶりの診察。
もう二度と入院はしたくないんだろうなぁ、診察台の上でのbaronはいつも以上に大暴れ!
あまりの暴れっぷりに先生も苦笑い(^_^;)

今日は血液検査は無し。
触診していただき、入院中のようなお腹の張りもないとのこと。

今、ステロイドは1日半錠だけど、それをあともう1週間続けることに。
来週また血液検査をして、無麻酔CTでお腹の中の様子見て
その結果によっては2日に半錠になるかも。

ステロイドは突然やめてしまうと一気に免疫力が落ちてしまう可能性があるので
少しずつ飲む量を減らしていく予定。
でも減らしたことによって、また炎症の数値が上がってしまう可能性もあるので、なかなか減薬のタイミングが難しそう。

退院時に、2週間効果の持続するコンベニアという抗生物質を注射してもらっていて、
それがちょうど切れた頃なので、今日また同じものを注射。

今日の診察料…再診料、薬7日分、皮下注射(コンベニア)で、約1万円

翌日、3週間ぶりにシャンプー!
ホントはもうすぐトリミングだったんだけど、3時間のトリミングに耐えられるか心配で、
早い段階にbaronだけキャンセルしてしまったため
この日は私の超ど素人カット(・・;)

ギザギザでごめんよぉ


そしてberryは今度、Figooさんで初めてのひとりトリミング!
お兄ちゃんいなくて心細いと思うけど頑張れ!
スポンサーサイト
2015.09.30 / Top↑
9月20日
先日、外の検査機関に出していた血液検査の結果が出た。
膵炎の疑いがあるかどうか?(リパーゼ)の結果は103。
200以下は膵炎ではないとされているので、こちらの方は前回から引き続き問題ない数値に。

心配していた炎症の方の数値CRPは1.02。
一応1.0以下が正常の範囲なので、まだちょっと微妙なところだけど
最初は20以上、その次は12.4だったことを考えればだいぶ落ち着いてきた感じ!


退院後は体力が落ちていたので、しばらくは家でゆっくり休ませて
その後はbaronとberry、別々にお散歩に連れて行き、baronはのんびりゆっくり近所をお散歩。
そして今ではberryと同じ距離を同じ早さで行けるように!
久しぶりに兄弟バトルの姿も見れたし♪

見た目にはもうすっかり元気なコなんだけどね…
来週の検査で、また数値が下がっているといいな。



2015.09.25 / Top↑
9月12日のお昼に退院後、家に帰るとbaronもberryも大喜び♪

その日の夜ごはんは、食べさせるのがまだ少し怖くて、
まずは親指の先ぐらいに丸めたウェットフードを3つ作り、その中に薬を隠してあげてみた。
お腹はすごい空いているようで、あっという間にペロリ!

もう少し時間おいたらまた食べさせてみようと様子見ていたら、
体調悪くなり始めの時にやっていた、寝る体勢を何度も変えたり、ツラそうに伸びのようなポーズを何回もしたり。
慌てて病院に電話をして様子を伝えたら、食欲あって、嘔吐していなければ、そのまま様子見てください、と。
しばらくすると痛みが治まったらしく、すやすや寝始めて一安心。

その後、夜中と朝方に突然息が荒くなり、ハァハァと20分ほど苦しそうにしていた。
でも心配していた嘔吐は一度もなく、朝になると元気復活!食欲も旺盛。
異常なほどの食欲は、やっぱりステロイドの影響かなぁ。

2日目からは、辛いときの伸びの体勢はとることなく落ち着いている。
でも時々ハァハァと息が荒くなるのは、やっぱり炎症が痛むのかな。

それから体重が一気に減ったので、体力はずいぶん落ちたみたい。
ソファに飛び乗れなくなっていたし…(・・;)


9月18日
退院後、初めての診察。
体重は最初の頃と比べて1kg減。
院内の血液検査では、まだ相変わらず白血球と肝臓の数値は高いまま。
でもほんの気持~ち下がってはいるので、少しずつだけど良い方向にいっているのかな。
膵炎と急性炎症マーカーの血液検査は、外の検査機関に出すので
結果は明日か明後日に分かる予定。

血液検査の結果は、そうすぐには下がらなそうだし、
baronも元気にしていて嘔吐もないので、次の診察と検査は10日後ということに。

この日の診療費…再診料、血液検査(院内と外注)、薬10日分で約24000円
2015.09.18 / Top↑
9月12日
今日、10時頃までに病院から電話がなければ、退院できると思って迎えに来てください、と言われていたので
10時半頃まではドキドキ!
そして電話がなかったので、11時に家を出発!
夫が仕事だったので、今日は私ひとり、チャリでお迎えに。

だいぶ待ってようやくbaronが出てきた!
昨日の面会時と同じく異常なほどの大興奮。

先生のお話では、今朝の血液検査の数値はやはりまだかなり高いけれど
ステロイドの影響もあるので、仕方ないらしい。
でもbaronが元気であり、ご飯もお水もしっかりとって嘔吐もなし、
オシッコもウンチも問題なしなので、今日とりあえず退院にしましょう、と。
また、ご飯と水分もしっかりとれているので、皮下輸液にも通わなくていいそう!
5~7日後ぐらいにまた検査に行くということで、今日元気に家に帰還~!!
あとは嘔吐をしないことを祈って…。

家に着くなり、オシッコとウンチをしてすっきり!
今は安心した顔でスヤスヤ寝ている。
おかえりbaron!
頑張ってくれて本当にありがとう。
まだ安心はできないけれど、元気に帰ってきてくれて本当に嬉しいよ!


すっかり放置気味のブログなので、誰も見ていないだろうと思い、記録しておくつもりで病気のことを更新したんだけど、ほんとにたくさんの励ましのコメントをいただきましてどうもありがとうございました。
心配してメールや電話をいただいたり、絵馬を奉納してきてくださったり、お守りを送っていただいたり。
おかげさまで無事退院できました!
どうもありがとうございました。


退院直前のbaron




もしも同じような病気になってしまったコの参考になれば…
今回かかった医療費です。

最初の病院(9日間通院)
診察料、薬代、皮下輸液9日分、尿検査2回、エコー、レントゲン、血液検査3回、注射4本
で、約11万円

入院した病院(11日入院)
診察料、薬代、皮下輸液1日分、エコー2回、CTスクリーニング2回、静脈点滴9日分、注射11回、血液検査、シャンプー、入院費11日分
で、約14万円
(この先も通院でかかる予定)

最初の病院は、近所でも高いと有名なところだったので、通院のみで検査もそんなにしていないのに結構な金額に(・・;)
2015.09.12 / Top↑
9月10日

入院9日目
吐き気止めの薬のおかげか?今日1日、嘔吐なしとのこと。
明日からまた吐き気止めをやめてみて、嘔吐がないようであれば、
それと血液検査の結果もひどくなければ、土曜日に退院ということにしましょうか、と。
またダメだった時のショックが大きいので、期待はしないでおこう。

ほぼ毎日、面会の時に一緒になるダックスちゃんとママさん。
病院の近所にお住まいだそうで、朝晩2回、面会に来ているとのこと。
そのママさんが教えてくれたんだけど、面会に来るといつも病室の奥でbaronがずーっとキュンキュン鳴いているんだそう。
いつ来てもキュンキュン鳴いていたんだけど、ある時鳴き声がしなかったので、退院したんですか?って、先生に聞いたら
「寝ているだけです」って!
寝ている時と食べている時以外、ほぼキュンキュン鳴いているらしい…
面会に行って大喜びしても、すぐバタッと膝の上で寝てしまうのは、鳴きすぎて疲れているせいかな?
入院している他のワンちゃんにも申し訳ないし、baronもかわいそうだし。
早く退院させてあげたいな。


9月11日

入院10日目
面会した途端、大興奮のbaron。
その興奮ぶりが異常で、ずっとジタバタ暴れるし、
私たちがいるのにヒィヒィ鳴いたり、他のワンちゃんに対しても大興奮で近づこうとしたり。
そして息が尋常じゃなく荒くて、舌が横に出ちゃって。
少ししたら落ち着くかとなだめてみたんだけど、ますます興奮しちゃって、こんなbaronは12年間で1度も見たことない。
あまりにおかしいので、先生を呼んでもらった。

先生は、もしかして精神的なものかも?と。
やはり相当なストレスがあると思うので。
抱っこして少し外に連れて行ってみてもいいですよ、と言われたので10分程お散歩へ。
オシッコもついでにさせてしまおうと、ちょっとだけ地面に下ろしてあげたら
もうほんっっっとに嬉しそうで!
今まで家の中を自由に動いて、お散歩して、お出かけして。
そんな生活が一変して、狭いケージの中に10日間もこもっているんだもんね。
そりゃストレスもたまるよね。
早く退院させてあげたい。
どうか今日も嘔吐がありませんように。

外から戻ったら、息はまだ荒かったけれど、フセして寝ることができるぐらいまで落ち着いてくれた!
夜間にもしまた興奮が始まってしまったら、何かしらの検査をするかもしれませんとのこと。

あれだけ大興奮していたのに、お別れの時は全く鳴かないし、暴れないのが不思議。
大人しく抱っこされて、悲しそうな顔して私たちのこと見てるだけなのは、今日も一緒に帰れないって分かっているのかな。
2015.09.11 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。