上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
9月10日

入院9日目
吐き気止めの薬のおかげか?今日1日、嘔吐なしとのこと。
明日からまた吐き気止めをやめてみて、嘔吐がないようであれば、
それと血液検査の結果もひどくなければ、土曜日に退院ということにしましょうか、と。
またダメだった時のショックが大きいので、期待はしないでおこう。

ほぼ毎日、面会の時に一緒になるダックスちゃんとママさん。
病院の近所にお住まいだそうで、朝晩2回、面会に来ているとのこと。
そのママさんが教えてくれたんだけど、面会に来るといつも病室の奥でbaronがずーっとキュンキュン鳴いているんだそう。
いつ来てもキュンキュン鳴いていたんだけど、ある時鳴き声がしなかったので、退院したんですか?って、先生に聞いたら
「寝ているだけです」って!
寝ている時と食べている時以外、ほぼキュンキュン鳴いているらしい…
面会に行って大喜びしても、すぐバタッと膝の上で寝てしまうのは、鳴きすぎて疲れているせいかな?
入院している他のワンちゃんにも申し訳ないし、baronもかわいそうだし。
早く退院させてあげたいな。


9月11日

入院10日目
面会した途端、大興奮のbaron。
その興奮ぶりが異常で、ずっとジタバタ暴れるし、
私たちがいるのにヒィヒィ鳴いたり、他のワンちゃんに対しても大興奮で近づこうとしたり。
そして息が尋常じゃなく荒くて、舌が横に出ちゃって。
少ししたら落ち着くかとなだめてみたんだけど、ますます興奮しちゃって、こんなbaronは12年間で1度も見たことない。
あまりにおかしいので、先生を呼んでもらった。

先生は、もしかして精神的なものかも?と。
やはり相当なストレスがあると思うので。
抱っこして少し外に連れて行ってみてもいいですよ、と言われたので10分程お散歩へ。
オシッコもついでにさせてしまおうと、ちょっとだけ地面に下ろしてあげたら
もうほんっっっとに嬉しそうで!
今まで家の中を自由に動いて、お散歩して、お出かけして。
そんな生活が一変して、狭いケージの中に10日間もこもっているんだもんね。
そりゃストレスもたまるよね。
早く退院させてあげたい。
どうか今日も嘔吐がありませんように。

外から戻ったら、息はまだ荒かったけれど、フセして寝ることができるぐらいまで落ち着いてくれた!
夜間にもしまた興奮が始まってしまったら、何かしらの検査をするかもしれませんとのこと。

あれだけ大興奮していたのに、お別れの時は全く鳴かないし、暴れないのが不思議。
大人しく抱っこされて、悲しそうな顔して私たちのこと見てるだけなのは、今日も一緒に帰れないって分かっているのかな。
スポンサーサイト
2015.09.11 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。