上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今月の初め頃、berryの総胆汁酸の再検査へ。
薬や食事の効果で数値が正常になっていることを祈って…。
(前回の検査… 

ところが残念なことに、前回50,3だったのが今回は60,7に(>_<)
上がっちゃってる!!
これでますます門脈シャントの可能性が高くなったらしく、先生から東大動物医療センターでの
詳しい検査をすすめられました。
でも、血中アンモニアの数値が正常なため、いまひとつ決め手に欠けると…

もう7歳だし、今のところ何の症状もなく元気なので、私たちは手術をするつもりはなく
ただ何の病気なのか?それが分かって、それに対処できる食事療法やお薬がはっきりすればいいなぁと。
なので原因をはっきりさせるために、先日東大医療センターまで行って来ました!

(↓これは検査終了後に撮ったぐったりberry↓)
b4

10時半~の予約。
予約制だけど、すごい混んでた~(・・;)

まずは問診。
そして検査へ。
最初に、血液検査・レントゲン・エコーを撮り、そこで原因が分かればいいし
分からない場合は、全身麻酔をしてCTを撮るとのこと。
だいたい3時間ぐらいかかるんだけど、CTを撮る前に一旦先生とお話をするので
いつ呼ばれてもいいようにと、待合室で待っててください、と。

でも意外と3つの検査は早く終わり2時間ぐらいで診察室へ呼ばれました。

まず血液検査の結果。
今回は総胆汁酸の数値は出ていないんだけど、GPTが正常値になってる!!
今まで常に少し高めだったのに、まったくの正常値。
それ以外の数値も全て正常。
ってことは…薬や食事の効果があったってこと???
※ちなみに今までのGPT 
(1歳)179 (2歳)143 (3歳)76 (5歳)115 (6歳)82
で、今回は52!!


そしてレントゲンとエコーで見る限り、肝臓の大きさも普通だし(門脈シャントだと小さいらしい)
シャント血管もうつっていない!
…と言っても、シャント血管がうつる確率は7~8割ぐらいなので、確実ではなく
きちんと見るにはやっぱりCT検査をしないといけないとのこと。
『どうしますか?CT撮りますか?』と聞かれ、うちとしてはハッキリさせるためにも
CTを撮る覚悟で行ったんだけど、『もし門脈シャントだったとしても、手術させる気はないんです。』と言ったら
『ではCT撮る必要はあまりないと思いますよ!全身麻酔のリスクを考えたらデメリットの方が大きいかと…。』って。
なのでCTはやめておくことに。

ただ、今回の結果を見る限り、門脈シャントである可能性はかなり低いだろうと!
また、もし肝炎だったら、GPTはどんどん上がり続けていくので、その可能性も低いとのこと。
結果、一番考えられる病気が『門脈微小血管異形成』
これは細~いシャント血管が、肝臓の中を通ってしまっている病気。
この病気の特徴として、GPTが上がったり下がったりするらしい。
そういえばberryの今までの数値も上がったり下がったり…。

もうこれは手術できないので、薬や食事で症状をおさえながら様子を見ていくしかないみたい。
でも今berryは何の症状も出ていないので、薬は数値をみながら、そして食事は特に気をつけなくていいとのこと!!
このまま何も症状が出ない子も結構いるみたいだし。

総胆汁酸の数値が高いってことは、解毒ができていないってことなんだろうけど
先生はそちらの数値より、GPTの数値を定期的に検査してみてくださいって。
GPTが正常値になっていたので、少し安心できた~(#^.^#)
あんなに混んでいるのに、ものすごく丁寧親切に分かりやすく説明してくれたので行ってよかった!!


後日、かかりつけの病院へ行って今後のことを相談。
今飲んでいるミルクシスルとベジサポは、別に一生飲み続けても害はないものだけど
一生飲み続けさせるっていうのも大変なので、一旦ミルクシスルの方はやめてみましょうってことに。
そしてベジサポはまだ残っているので、それがなくなった時点でもう一度血液検査をすることにしました。

東大の先生は、特に食事は気をつけなくていいって言っていたけど、
これからもなるべく肝臓に負担がかからないような、そして解毒作用のある食材を使ったご飯作りは続けていこう!!



CT検査を受けなかったので、一日がかりになるかと思っていた診察が13時頃には終了!!
帰りに高円寺のプラネットサードでランチをして帰宅~。

カフェでのberryはグッタリ、目もうつろ…。
精神的に疲れちゃったね。おつかれさま!!
頭のお団子も変な方向に向いちゃってるよ~(^_^;)
b3



あ!それからこの日は、かなり長時間のお留守番になっちゃうと思ったので
baronも一緒に連れて行ったんだけど、baronったら自分が診察されるのかと勘違いして
ずーっとバッグの中でそわそわ(・・;)
先生のお話を聞いている間も、抱っこしているダンナの腕の中でもがいたり、ヒンヒン鳴いたり。
berryの方がよっぽどおとなしかったわ!!
だからカフェでbaronもグッタリ…
b1


ねぇねぇキミ!!
な~んにもされていないでしょ
b2

たしかに・・・
スポンサーサイト
2011.08.19 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。